刺し子織りの風呂敷・新サイズ入荷しました。


昨年12月、お客様より刺し子織りについてのお問い合わせをいただきました。


「刺し子織りの風呂敷に新サイズが出たそうですが…」


えっ⁈そうなんですか?

慌てて作り手さんに確認したところ、どうやらひと回り大きくなったそうで。

早速注文して染め上がり・縫製を待ち、今月ようやく3色(紺・朱・黒)そろいました。


小は54センチ角。

今まで大きさによっては結ぶのにギリギリだったお弁当箱も、余裕が出て包みやすくなりました。

大は108センチ角。

旅先などで衣類をまとめたり、荷物が増えた時は端を結んで緊急サブバッグがわりにもなります。

こちらも、大きくなって結びやすくなりました。


それにしても、お客様から情報をいただくとは…。

トホホ。



       
  • 日本の手仕事の店 ちゃらっぽこHPへ

  • 本年もよろしくお願いいたします。

     

    2020年になりました。ついにオリンピックの年ですね。

    偶然にも、今年の暦は前東京オリンピックが開催された1964年の暦と同じだそう。

    そして、当店ちゃらっぽこは4月で10年という節目をを迎えます。

    なんだか、いろいろなことが重なりそわそわして落ち着かない気持ちですが、開業10年、ショップオープン1周年ということで、楽しいこといっぱい企画して、チャレンジの1年にしていこうと思います!(といいつつ、時間はどんどん過ぎていく・・・)

     

    「子」の年、これもまた偶然なのか。

    昨年末に入荷した、伯兆さんの新作蒔絵ミニ香合『ピアノ仔猫』と『三味線姐さん』にねずみが2匹描かれています(笑

    ちょっとシュールで可愛らしくて、つい手放したくない!と思ってしまいますが、そこはぐっとがまん。

    2020年の記念にいかがでしょうか?

     

     

    三味線姐さんは売り切れました。ありがとうございますm(_ _)m

           
  • 日本の手仕事の店 ちゃらっぽこHPへ

  • 手しごとを贈る、冬。

    今年の冬からお取り扱いが始まりました、sojiさんのホームスパン。

    出会いは、数年前の手創り市でした。


    冬になると、とにかく手が荒れてハンドクリームと手袋が欠かせないのですが、どうにも羊毛のチクチクした感触が好きになれず。実は、ウールのセーターやマフラーもほとんど使わないほどなんです。

    ところが、sojiさんのハンドウォーマーに触れた瞬間、

    「柔らかい!チクチクしない!」

    原毛を仕入れるところから、洗い、ゴミ取り、カーディング、紡ぎ…糸になるまでの下処理を全てご自身の手でこなします。
    一切染色はせず、自然のままの羊毛を生かし、手の感覚、目の感覚、作り手・菅間さんの感性でうまれる柔らかな色味と肌触り。


    「使う人の肌の記憶にそっと残るものとなりますように」


    先日のイベントでいくつか旅立って行きましたが、少しだけ追加納品していただきました。

    残念ながら、ウェブショップでの販売はございませんが、お近くの方はぜひ店頭で心地よいハンドウォーマーをお試しください。



           
  • 日本の手仕事の店 ちゃらっぽこHPへ

  • | 1/1PAGES |

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    links

    categories

    selected entries

    archives

    search this site.

    others