• 2020.07.11 Saturday
  • -

企画展のこと、いまのこと。

久しぶりのブログになってしまいました。

5月中旬営業自粛の最中、作り手さんとの約束事を何かの形にして果たさなければと、とにかく試行錯誤しながら過ごした1ヶ月でした。

 

5月末に店舗で予定していた企画展『ナデシコのテシゴト展』は、作家さん不在のままWEB展という形で初めてのWEB上の展示会に挑戦しました。

もともと作家さんを呼んで、ワークショップを交えた企画展を予定していたので、主旨からかけ離れたWEB展には抵抗がありました。

でも、半年以上前から作家さんには作品の準備などに時間を割いていただき、店としてこのまま簡単にやめてしまっていいものか、と思い、みなさんにも後押しされ急遽WEB展を開催しようと決めました。

 

その後10日間は、ページの作成、撮影、アップの繰り返し。WEBショップを始めて10年、こんな短期間でこの作業量をこなしたのは初めてかも(汗。

おかげさまで、たくさんの方にWEB展をご利用いただきました。当店のお客様はじめ、作家さんのファンの方、初めてご利用の方、そして急遽ご協力いただいた三名の作り手のみなさん(伯兆さん、山口さん、菅間さん)に感謝しかないです。

 

WEB展以降も、相変わらずショップをご利用くださる方が絶えることなく、コロナ禍でも悲観することなく過ごすことができています。

少しずつアトリエショップの営業を再開していますが、まだまだ、感染がおさまったわけでなく、秋以降そして来年の状況が全く予測できないのは変わりません。今後の企画、そして店舗運営には課題が山積みです。

 

 

       
  • 日本の手仕事の店 ちゃらっぽこHPへ

  • 11年目を迎えて。

    ちゃらっぽこは、4月15日で11年目を迎えました。

     

    先月、緊急事態宣言が発令され、世の中の状況はすっかり変わってしまいました。

    ネットショップ開業10年目の2019年、ようやくアトリエショップをオープンして1年が経ち、さあこれからという2020年。

    様々なイベントは中止となり、毎年欠かさなかった仕入れの旅にも行けず、もちろんお店も開けられず・・・。

    気持ちが落ち着かないまま、10年の区切りをまたいでしまいました。

     

    5月に入り、少し自分自身と向き合う時間、周りを見渡すゆとりが出てきました。

    経営状況が厳しいのは他の店舗も同じで、ネットに力を入れるところが急増しています。これからもっともっと増えるだろうし、創意工夫をしていかないと同業の中で生き残るのは難しいのかもしれません。

     

    これから何をするべきなのか。

    じっくり考えてみたものの、結局は今までと変わらないことを続けていくのかな。

    この国に根づく伝統や暮らし、自然に寄り添う人たちが生み出す手仕事のものを紹介していくこと。

    そこがぶれなければなんの問題もない!(と自分に言い聞かせつつ・・・)

     

    時間がたくさんあります。

    今できないことに執着せず、10年やってきたことをしっかり振り返りながら、今まで応援してくださっているお客様へ、そしてこれから当店を知っていただく方たちへ、さらに肉付けしたものをお伝えしていこうと思います。

    今新しいサイトを作っていますので、近々ご覧いただけたらと思っています。

     

    画像は、10年欠かさなかった奥会津への旅、早くまたこの美しい景色を見られるようにと願いを込めて。

    これからの10年も、どうぞちゃらっぽこをよろしくお願いいたします。

     

           
  • 日本の手仕事の店 ちゃらっぽこHPへ

  • 木工房を訪ねて、栃木へ。

    もう7年前になるかな、高塚和則さんの木の器に出会ったのは。

    念願の、初工房訪問してきました。

     

    大きな木材工場の敷地内に、工房はありました。当たり前だけど、見渡す限り材木の山(笑)。

    少し雑談など楽しんだあとは、実際の製作現場へ。

     

    そこは想像以上に機械的、製材・加工用の大小様々な機械が何台もありました。

    今回は、一枚の板から桜の花型コースターができるまでの行程を教えていただきました。

     

    大きな機械で木取りをして厚みをそろえならしたあと、手作業で型をとっていきます。

    その後、円形にカットして縁をサンダーがけ。ここまでで使った機械の数はなんと5台!

    その後も細かい作業がいくつも続きます。

    こんなにも、行程が多いとは思いもよらず・・・

    「これ、分業にしたら効率よさそうですね。」

    「う〜ん、分業にしたら工場になっちゃうからねぇ。うちは工房だから。」

    その一言に、高塚さんのものづくりの全てが集約されてる気がしました。

     

    工房を訪れたとき、道具を見るのも楽しみの一つ。

    道具を自作する職人さんは多いですが、この作業台もおそらくお手製。

    効率を考えてこのカタチに行き着いたのでしょうが、まさかこの角度で作業するとは・・・

    ジャッジャッジャッジャッ

    テンポ良く均一で迷いのない音、正確だけど温かみのある彫り跡が本当に美しい。

    残念ながら時間切れでここまで。

    貴重なお時間を割いていただき、本当にありがとうございました。

     

    今回、プロのカメラマンが同行して撮り貯めた写真がたくさんありますので、後日ホームページに特集ページを作ろうと思います。

    お楽しみに!

     

     

    自宅に戻り、器を手に取ってみる。

    出会えたことにあらためて感謝する日々。

           
  • 日本の手仕事の店 ちゃらっぽこHPへ

  • 持ち物って大事。

    新しい年が始まって早々に、残念なニュースばかり耳にしています。
    新型ウィルスの蔓延、それに伴う相次ぐイベントの中止、休校、そして消費の低迷・・・
    特に、ご高齢者やお子様をご家族にお持ちの方々は、大変なご苦労をされていると思います。
    どうぞご自愛いただき、そして錯綜する情報に惑わされぬよう、心静かに日々を過ごされることを願っております。

    そんな状況だからこそ、ちゃらっぽこはいつもと変わらない楽しい情報をお届けしようと思っています。

     

    あたたかい日が増え、次第に自然が色づき始めてくると、なんとなく気持ちもわくわくしてきます。

    不要な外出を控えている最中ではあるけれど、どうしても必要なおでかけの時は、せめてお気に入りのかごを持ったり、好きなお洋服を身につけたりしています。

    それだけで、少し気分も前向きに。持ち物って大事です。

     

    ちゃらっぽこもそろそろ春仕様。店頭には、徐々にあけびのかごが並び始めています。

     

     

           
  • 日本の手仕事の店 ちゃらっぽこHPへ

  • 染の小道

    久しぶりに、着物を着ました。

    染の小道、2年ぶりに知人たちと合同出店です。


    染の小道とは、新宿区落合・中井の町を染物で埋め尽くそうという町おこしイベントで、今年で12回目。

    ちゃらっぽこも、長年参加してきた大好きなイベントです。


    今年は合同ということもあり、物販だけでなく、ワークショップあり、着物フリマありの盛り沢山の内容。

    着物好きはもちろん、外国の方やお子様まで、たくさんの方にお立ち寄り、参加いただきました。

    特に、わざわざちゃらっぽこを探し当てて来てくださった方、前にこれ買ったんです!というお客様との再会は、本当に嬉しかった!

    ありがとうございます。


    好きなことを共有できる仲間とともに作り上げるイベントは、本当に楽しい。あれこれ意見を出し合いながら、次はこうしよう、こっちはこうしたほうが…なんて、単体出店では経験できないこと。

    誘ってくれたみなさまに感謝です。


           
  • 日本の手仕事の店 ちゃらっぽこHPへ

  • 刺し子織りの風呂敷・新サイズ入荷しました。


    昨年12月、お客様より刺し子織りについてのお問い合わせをいただきました。


    「刺し子織りの風呂敷に新サイズが出たそうですが…」


    えっ⁈そうなんですか?

    慌てて作り手さんに確認したところ、どうやらひと回り大きくなったそうで。

    早速注文して染め上がり・縫製を待ち、今月ようやく3色(紺・朱・黒)そろいました。


    小は54センチ角。

    今まで大きさによっては結ぶのにギリギリだったお弁当箱も、余裕が出て包みやすくなりました。

    大は108センチ角。

    旅先などで衣類をまとめたり、荷物が増えた時は端を結んで緊急サブバッグがわりにもなります。

    こちらも、大きくなって結びやすくなりました。


    それにしても、お客様から情報をいただくとは…。

    トホホ。



           
  • 日本の手仕事の店 ちゃらっぽこHPへ

  • 本年もよろしくお願いいたします。

     

    2020年になりました。ついにオリンピックの年ですね。

    偶然にも、今年の暦は前東京オリンピックが開催された1964年の暦と同じだそう。

    そして、当店ちゃらっぽこは4月で10年という節目をを迎えます。

    なんだか、いろいろなことが重なりそわそわして落ち着かない気持ちですが、開業10年、ショップオープン1周年ということで、楽しいこといっぱい企画して、チャレンジの1年にしていこうと思います!(といいつつ、時間はどんどん過ぎていく・・・)

     

    「子」の年、これもまた偶然なのか。

    昨年末に入荷した、伯兆さんの新作蒔絵ミニ香合『ピアノ仔猫』と『三味線姐さん』にねずみが2匹描かれています(笑

    ちょっとシュールで可愛らしくて、つい手放したくない!と思ってしまいますが、そこはぐっとがまん。

    2020年の記念にいかがでしょうか?

     

     

    三味線姐さんは売り切れました。ありがとうございますm(_ _)m

           
  • 日本の手仕事の店 ちゃらっぽこHPへ

  • 手しごとを贈る、冬。

    今年の冬からお取り扱いが始まりました、sojiさんのホームスパン。

    出会いは、数年前の手創り市でした。


    冬になると、とにかく手が荒れてハンドクリームと手袋が欠かせないのですが、どうにも羊毛のチクチクした感触が好きになれず。実は、ウールのセーターやマフラーもほとんど使わないほどなんです。

    ところが、sojiさんのハンドウォーマーに触れた瞬間、

    「柔らかい!チクチクしない!」

    原毛を仕入れるところから、洗い、ゴミ取り、カーディング、紡ぎ…糸になるまでの下処理を全てご自身の手でこなします。
    一切染色はせず、自然のままの羊毛を生かし、手の感覚、目の感覚、作り手・菅間さんの感性でうまれる柔らかな色味と肌触り。


    「使う人の肌の記憶にそっと残るものとなりますように」


    先日のイベントでいくつか旅立って行きましたが、少しだけ追加納品していただきました。

    残念ながら、ウェブショップでの販売はございませんが、お近くの方はぜひ店頭で心地よいハンドウォーマーをお試しください。



           
  • 日本の手仕事の店 ちゃらっぽこHPへ

  • 大阪2日間の旅

    大阪2日目は、堺でのクラフトフェア『灯しびとの集い』へ。

    降り立った駅は、天王寺から20分ほどの「百舌鳥」駅。ローカルな駅舎が新鮮で大きな公園もあり、中心街からは想像もつかないゆったりとした空気が心地よい。


    今回のクラフトフェアでは、2人の作り手さんに会うのが目的でした。

    1人は、glass accessory tubu の山口さん。とても繊細な手仕事と、美しさとはかなさを併せ持った小さなちいさなガラスの作品に、毎回魅了されます。

    これだけの数フルラインナップで見られるのが、クラフトフェアの醍醐味ですね。

    新作も見られたし、次回はこれとこれをお願いしよっていうのも決めて、そして来年の企画展のお話も浮上し…楽しみがいっぱいです。


    そして2人目は、今年の夏からお取り扱いが始まったaffordanceの小川さん。すでにお会いするのは3回目。実は、今回出展されることを直前まで知らず、まさか大阪でもお会いできるなんて思わなかったなあ(小川さん→福岡の人)。

    ちゃらっぽこでのお取り扱いアイテムはまだ少ないですが、いろいろお話していく中で、こんなのがあったらいいなあとか、こうしたらどうかとか、いろんなアイデアが出てきて。

    こういうことって、直接会って話をしてうまれるもので、本当に貴重な時間。

    素材と向き合って、素材を知り尽くす作り手さんだからこその言葉もあるし、いろいろ勉強になります。


    大阪2日間の旅、3人の作り手さんとお会いできて、たくさん収穫もありの満腹(大阪だけに笑)な旅でした。

           
  • 日本の手仕事の店 ちゃらっぽこHPへ

  • 大阪2日間の旅

    11月6日より、阪急うめだで開催された『日本漆山脈』。昨年見逃したので今年こそはと、おそらく20年ほどぶりに大阪を訪れたのでした。

     

    44組もの日本各地の漆の使い手による作品展示で、これだけの数の漆器を一度に見られる機会はなかなかありません。漆掻きから漆器になるまでの作業工程の上映などもあり、とても見応えのある展示でした。


    当店で9年程のお付き合いになる、蒔絵師・伯兆さんも出展されていて、ご本人とも数年ぶりに再会。そこそこ付き合いは長いのに、顔を合わせるのはたった4回目。

    不思議とお久しぶりな気がしなかったのは、長年作品を提供していただいているせいなのか。

    作品=作り手。魂が宿っているんでしょうね。

     

    王道漆器が多い中、香合・蒔絵ボタン・装身具など小ぶりだけど一際独特な世界観を放っていて、唯一無二の伯兆ワールドを堪能しました。
    写真を撮らせていただいたのですが、照明とスマホの限界…。10倍増しで想像してご覧くださいませ。

    蒔絵師・伯兆作
    『漆皮 螺鈿蒔絵 シロツメクサ』

     

    来年は、伯兆さんと楽しいことできそうです。

           
  • 日本の手仕事の店 ちゃらっぽこHPへ

  • | 1/2PAGES | >>